CJ-Uやまぐち十種ヶ峰国際

d0347839_18222308.jpeg

山口県阿東町で行われたCJ-Uやまぐち十種ヶ峰国際、台風の影響が危惧されたが・・・完全私的だが『期待大』だったのだ

前日強風の為現地公式コース立ち入り禁止、コースウオークも禁止、これは正しい選択でした、私は別の山の中にいたが地面に恐ろしく大きな穴

それは強風で折れた大木が地面に突き刺さってできた穴だった、人間に当たれば即死どころの騒ぎではない

また小枝の散乱もハンパなく地面が見えないどころか景色が違って見え10年以上走っている所でも道に迷うほど

路面は雨水を大量に保水しバイクコントロールも苦難苦行・・・・だからなのだ 『期待大』


レースというのはやはりコースに携わっている人や地元ローカル有利、もしくは年間パスで走りこんだ人有利・・・・というのは事実

しかし今回は前日の試走ナシで事実上のぶっつけ本番と言って良いかも知れない、つまり初見に強いライダーが速い

そしてバッドロケーションに強いライダーがあからさまになる計算だったんだ


予想通りデルソルの本村氏過去最高7位パチパチ・・・というより注目すべきは7位より優勝したカズキからアドバンテージ9秒という事だ

これはとんでもない日本ダウンヒル史上スゲー事なのよ、だって本村氏の年齢知ってる??

彼がレースを初めて何年目かしってますか??2005年僕がレース会場で出会ったときすでに九州では無敗のダウンヒルライダーだったんです

DELSOLを背負って数十年・・・そしてこの年齢で最高位、一体どこまで進化していくのか??何がそうさせるのか?

しかも今回本村君はエンデューロバイクって・・・マジ?


『期待大』とはもともとね・・・普段から走り慣れているのよ、オイラがプロデュースしているわけではないが雨でも台風でも強風でもドロドロでも

走りこんでいるからね、よって普通の人が敬遠するバッドコンディションは得意なんだ

マスターズで世界をとってみないか?と彼に話をしたが彼はあまりタイトルには興味がないんだ

それにしても59秒台に本村、永田ジュンヤ、青木卓也、井出川直樹そして3分台に九島ユウキが続くんだから恐ろしい接戦


館兄も100分の数秒差で決勝を逃して惜しかった、マスターズだったら5位入賞のタイムを叩き出しているだけに残念、しかしマスターズ優勝の大野良平選手

は3分17秒台というスゲータイムを叩き出してます、ブリッツの野口さん予選51秒台から本チャン40秒台にタイムを縮めてきて善戦してますがこりゃスゲーです

チームホケダケDELSOLの南国の黒ヒョウは2本とも及ばず残念でしたが・・・最近誰も会ってなくて生きているか死んでいるかさえ不明だったのね

そう思ったら第一線級に復帰しているので喜ばしい事です、最終戦は期待するしかないです、黒ヒョウ頑張れっ!


そしてタロー君4位!ハジメ君から3秒はちょっとキツイけど・・予選本チャンと55秒台と珍しく安定感があり次につながる予感がします

彼もね初見に強いよね、これでクリートのライダーが二人もシングルという好成績で終わりました パチパチ

ツー事で本村君ステーキの刑です。

d0347839_18223127.jpeg
d0347839_18224092.jpeg

[PR]
by delsol200 | 2018-10-08 18:21 | Comments(0)
<< グランビルアイランド ダークナイトソニック >>